YouTubeアプリからピクチャインピクチャする方法(非プレミアム会員)

Published by @SoNiceInfo at 10/12/2020


YouTube非プレミアム会員がYouTubeアプリからPiPする記事のサムネイル

はじめに

iOS 14から動画を常に最前面で再生できるピクチャインピクチャ(PiP)が追加されました。
しかし、YouTubeでPiPするにはプレミアム会員に登録する必要があります。
今回は非プレミアム会員でもPiPを利用する方法を紹介します。
解説のいらない人はYouTube PiP - ショートカットからショートカットをインストールして利用を開始してください。

ここで紹介する方法は、2020/10/12時点では可能ですが、今後対策され使えなくなる可能性があります。

まずはこちらをご覧ください

こちらがここで紹介する手法でPiPする方法の動画です。 YouTubeアプリの共有からショートカットを経由してGoogle Chromeを開いてPiPしています。

事前に必要なアプリ

ここで紹介する手法で必要なのはAppleのショートカットアプリGoogle Chromeです。
持っていない人はここからダウンロードしましょう。
‎「ショートカット」をApp Storeで
‎「Google Chrome - ウェブブラウザ」をApp Storeで

ショートカットのインストール

YouTube非プレミアム会員がYouTubeアプリからPiPするショートカットのインストール

必要なアプリをインストールしたらYouTube PiP - ショートカットからショートカットをインストールしてください。
一度もショートカットを使ったことがない人、公開されたショートカットを使ったことがない人は、以下2つのことを事前に実施する必要があります。
「ショートカットアプリを開いて任意のショートカットを使う」
「設定→ショートカット→"信頼されていないショートカットを許可"する」
ショートカットのインストールが完了すると適当なシェアボタンを押すと下の方に「YouTube PiP」が表示されます。必要なら「アクションを編集」からお気に入りに追加することで「YouTube PiP」が上の方に表示されます。

ショートカットの利用方法

  1. YouTubeアプリでPiPしたい動画で「共有」をクリックします。
  2. 一番右の「その他」をクリックします。
  3. 「YouTube PiP」をクリックします。
  4. Chromeが立ち上がるので動画を再生して左上の「PiPボタン」をクリックします。

ショートカットの仕組み

今回のショートカットでは以下のYouTubeの以下の特徴を利用しています。

  • YouTubeの動画IDは英数字、ハイフン、 アンダーバーを利用し11桁(おそらく11桁)
  • YouTubeアプリの共有ボタンで得られるURLでは英数字で8桁以上のものは動画IDのみ
  • YouTubeの埋め込み用URLではPiPが利用可能

ということでYouTubeアプリの共有ボタンから渡されたURLに対し、

  1. 英数字、ハイフン、 アンダーバーで8桁以上の文字列を動画IDとして取得
  2. YouTubeの埋め込み用URLと得られた動画IDを連結させhttps://youtube.com/embed/動画IDを取得
  3. Chromeで得られたURLを開く

という処理をすることでYouTubeアプリからPiPできるようにしています。
ショートカットの中はこうなっています。

ショートカットのなかみ

あとがき

プログラミング教育が浸透するともっとショートカットアプリを使いこなす人がでてくるんだろうなぁ。
Web版YouTubeでPiPできなくなったりできるようになったりしているようにこの手法も対策され使えなくなる場合があります。(再掲)

リンク

YouTube PiP - ショートカット‎「ショートカット」をApp Storeで
‎「Google Chrome - ウェブブラウザ」をApp Storeで